micromosaic

華やかな歴史を持つmicromosaic(イタリア:ミクロモザイク、英語:マイクロモザイク)


日本ではあまり知られていないmicromozaic.。

幼い頃イタリアのお土産で貰った方も。。。

鮮やかな色と緻密なガラスパーツで作られているガラス工芸。

華麗な歴史を持つ『ミクロモザイク』についてご紹介します。


17世紀、カトリック教会の総本山であるサン・ピエトロ大聖堂で、当時劣化が著しかった絵画の複製にモザイクを使用するという大規模な修復プロジェクトの際に、バチカン内にモザイク工房が開設され、数多くのモザイク職人が誕生します。この当時は、大聖堂の建築物修復のためのモザイク技術として継承されました。

しかし、職人たちは修復が完成してしまうと職を失ってしまいました。そこで彼らは身につけた技術で稼ぎを得るために、サイズを縮小して、家具や額縁、更には持ち運びのできる小さなモザイクの作品を作ることを考え生まれたのが装飾品としてのミクロモザイクでした。同じ頃、美術 特に絵画の世界で変革が始まっており、1世紀の間にモザイクは作家の自由な発想や技術を駆使した単純な作品から少し手の込んだものへと急成長を遂げ、貴族や富裕層を魅了していきました。

18世紀に入るとヨーロッパの貴族の子弟たちが語学や見聞を広めるためにフランスやイタリアを訪れる「グランドツアー」が流行しました。特にローマは遺跡も多く人気の地でした。当時イギリス貴族の子弟がローマを訪れた記念品としてミクロモザイクを購入することがステイタスとなり人気を博しました。その頃は写真が一般的ではなかった時代、ローマの遺跡や大聖堂、風景画、民族衣装に身を包んだ女性、イギリス貴族が好む狩猟をモチーフにした野生動物や犬などが描かれていました。ローマンモザイクと呼ばれる初期の作品は、単色のガラスパーツを並べて描かれています。犬の毛なみや建築物の1本ずつ細く細かいガラスを並べた描写のテクニックは19世紀にはなくなったといわれる幻の技術です。

20世紀前半、コスチュームジュエリーが流行した時代には、金太郎飴のように細工した極小のガラスパーツを並べ緻密で手の込んだ装飾品が登場して人気になります。ココ・シャネルが宝石の価値よりデザイン・ファッション性を重視した時代背景があり、ミクロモザイクも貴金属のベースから合金を用いれられながらも美しい細工が施されています。フィレンツェ を中心に作られていたお花などの金太郎飴のようなパーツを配置する技法はガラスを配置する手間を大幅に簡易化しましたがそれでも大変手間のかかる作業です。

現在ではその技術を継承する職人も少なくなり工房も少なくなってしまいました。ローマやヴェネチアで見かける素敵なブローチやピルケースはかさばらす手頃なお土産として人気があります。

ミクロモザイクを学びたい方…


♡体験レッスン

 一度制作してみたい方


♡動画基礎講座コース(オンライン・対面両方)

 基礎を学びたい方(繰り返し視聴できます)


♡講師養成講座コース(オンライン・対面両方)

 基礎から学び作家として、講師として活動したい方


♡フリーコース

 自由に制作を楽しみたい方


♡額絵コース

 基本を学んでいただいた後にお好みの額絵を制作。

【オンラインのオンラインの場合】

 ・通わずに学べます。

 ・ZOOMが初めての方歓迎

 ・おうち時間を有効活用。

 ・メールやLINE、Messenger等で連絡


【対面レッスン】

 ・直接見ることが出来ます。

 

日本ミクロモザイク協会とは・・・

ミクロモザイクの技術を「講師」や「作家」として広めていく会員のための組織。

「ミクロモザイク講師養成講座」を修了し、年毎の更新手続きをしている会員のみが所属しています。指定講師を養成。